高知市の新築・中古一戸建て住宅、中古分譲マンション、土地探しはプラスホームへ

プラスホームの不動産購入専門サイト

高知売家売地情報館

〒780-8035高知市河ノ瀬町34番地1(河ノ瀬交差点サニーマート西向い)
<対応エリア>高知市・南国市・香美市・香南市・土佐市・いの町他

お電話でのお問合せはこちらへ              

0120-331-242

営業時間

9:30~18:30(水曜日除く)

お気軽にお問合せください

土地購入成功方法

高知の売り土地・分譲地・造成宅地

売り土地購入を成功させる方法。
購入にあたりノウハウや注意点・諸費用・税金など知っておくとためになる情報や選ぶ時のポイントなど売地に関するあらゆる情報を随時ご紹介させていただきます。

下記のご覧になりたい項目をクリックしてください。

売り土地選びのチェックポイント

土地といっても大規模な開発が行われたニュータウンや造成工事が行われ分譲された土地や、以前から宅地と使用されていた土地、建築条件付き土地などがあります。建物やマンションと違いまったく同じものが世の中で2つとして存在しない土地を探したり購入するということは素敵なマイホーム作りにおいての最初の第一歩となります。

快適な住まいづくりの為には資産価値の高い土地を選ぶことが大切となります。ここでは土地選びのチェックポイントや敷地の見極め方などをまとめました。

分譲地や造成地のチェックポイント

不動産会社が開発造成して分譲している土地の場合は行政の法的規制や厳しい審査、基準をクリアして完成していますので比較的安心して購入できるとおもいます。また土地の形状や周辺の街並みもきれいに区画整理されている場合が多く分譲地は比較的人気があり早めに成約になることが多々あります。

造成地など土地を選ぶ場合に最も大切なのは地盤の安全性のチェックです。側溝や上下水道、道路の幅員などの規制には心配ありませんが、地盤の状態までは分からない場合が有りますので、注意が必要となります。地盤が軟らかければ地盤改良費や基礎費など余計な出費が必要となる可能性もでてきます。また、近くに山などが有る場合、土砂崩れや洪水なども考えられますので土砂災害危険区域でないかは地盤とともに問題は無いかなどもチェックしましょう。

他には大規模な造成が行われたニュータウンなどは造成によって盛土や切土部分が敷地内に存在することも考えられます。盛土部分は軟弱なので、建物を建てる時には本来の安定した地盤まで掘り下げて基礎を作らなければならない可能性もありますので、特にヨウ壁が有る部分など盛土の可能性がある土地は地盤の調査を行いましょう。また敷地周辺を含めた水はけや排水・下水道がしっかりしているかなども同時にチェックしておきましょう。

 

造成地でない一般の土地のチェックポイント

一般の土地を買うときは周辺環境のチェックとともに法定規制も確認する必要があります。全面道路が高知市が管理しているのか建築基準法上の道路として認められているのか幅員が4m以上ありセットバックの必要性は無いのかを確認します。見た目が道路でも建築基準法上の道路と認められていない場合は建物を建てる許可が下りない可能性がありますし、幅員が4m以下の道路だとセットバックが必要となり敷地を道路にとられることにもなりかねませんのでしっかりチェックして調べましょう。

他にはその土地の用途地域や建ぺい率・容積率なども把握して置きましょう。用途地域によっては3階建以上の建物を立てられないことや、建ぺい率(敷地に対して何まで建物を建てることが出来るかの決められた割合)や容積率(敷地に対する建築可能な延床面積の割合)によっては自身の計画する建物を建てれないといったことが起こらないよう確認しておきましょう。

そのほか土地の形状、間口の広さ、前面道路舗装状況・排水状況・上下水道の状況・などもチェックしましょう。また地盤の状況や日当たり・日照時間・採光・風通しなども細かく確認しておくことも必要となります。

敷地の評価や価値の違い

住宅地では道路が敷地の南に接道している土地(南向き土地)と北に接道している土地(北向き土地)との価格差は20%程度違ってきます。理由は日照や日当たり風通しが南向き土地に比べ北向き土地が劣ってしまう為です。また角地の土地は中にある土地より20%程度評価が高くなります。

土地の中でも一番評価が高いのは南東の角地です。日当たりや風通し見晴らしなどに優れているのと建物の設計においても自由度が高く、誰もが望む人気の位置です。南東の角地は売り出された分譲地などで価格が一番高い設定になっているにも関わらず最初に成約済になってしまうことも珍しくありません。

一般的に、次に評価が高いのは南西の角地、次が南向き、北東の角地、北西の角地、北向きとの順になってきます。他には間口の広さや敷地の形状などによっても評価が違ってきます。程よい間口の広さがあり正方形や長方形に近い土地の場合は建物が納めやすく評価が高い一方で間口が狭いや土地の形が三角形や楕円形のように歪な土地は使い勝手な面などにも置いても劣りますのでどうしても評価が劣ってしまいます。

また全面道路や進入路の幅員、住環境よしあし、交通買物の利便性、区画整理されたきれいな街並みであるかどうか、など様々な理由で近くに存在する土地同士でもまったく評価が違ってきたりします。土地選びは自身のライフスタイルに適した場所や位置を見つけることが快適な住まい作りに欠かせない要素となりますので予算との兼ね合いも含め慎重に選びましょう。

建築条件付きの土地のメリット・デメリット

土地を買って家を建てる場合の手段の一つとして建築条件付きの土地を買う方法があります。建築条件付き土地はまず、土地の売買契約を行い所有権の移転をしたのち、売主または売主の指定する建築業者が施工する建物を3カ月以内に建築請負契約を結んで建てることを条件に販売される土地のことです。

建築条件付きの土地のメリットはあらかじめ分譲する会社が造成した土地ですので、自分で探す土地と違って法定規制の面でも心配が無く区画がきれいに整理されてある程度の街並みも揃っていますし、そこに転居してくる方々の年齢やライフスタイルも近寄っている可能性も高く、高知市や周辺の地域では比較的早く成約済みになり人気の高さがうかがえます。

一方、デメリットとして建築会社が決まっていますので自由度は若干劣りますので建築工法にこだわりのある方や、特殊な建物を建てたい方、広い敷地に大きな家を建てたい方や隣接する建物がない静かな場所を希望の方などには不向きかもしれません。また建築会社によりアフター面や建築価格面でもばらつきがあり、土地が割安だからといって建物の建築費も割安なのか割高なのか不明な場合が多いですので、土地を購入する場合は建築費も含めトータル的な資金計画での判断が必要となります。

また当然のことですが、土地と建物以外にも塀や門扉、カーポートなどのエクステリア工事も行ってはじめて住まいの形が出来上がりますので、その予算などもしっかりと含めた資金計画を行ないましょう。

その他のメニュー

お問合せ・ご相談はこちら

ホームページにお越しいただきありがとうございます。
物件などのお問合せやご質問は電話又はメールにて受け付けております。

サイト名:高知売家売地情報館

当社では、無理な勧誘やしつこい営業は一切いたしておりません。どうぞご安心してお問合せください。

お電話でのお問合せ・ご相談はこちら

0120-331-242

受付時間:9:30~18:30(土日祝を除く)
運営:有限会社プラスホーム
〒780-8035  高知市河ノ瀬町34番地1
      (河ノ瀬交差点サニーマート西向い)
TEL:(088)831-7774  FAX:(088)831-5554
 

「この店できっと見つかるいい住まい」快適な住い探しは当社お任せください。

<対応エリア>高知市・南国市・香美市・香南市・土佐市・いの町他